スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅会(8/27)

新しいゲームをいくつか買ったのでいつになくテンション上がってはむ宅に集合。
珍しく集合後にダラダラする間もなくボドゲ。


今回やったのは、
ストラスブール
レジスタンス
考古学カードゲーム
ドラゴンイヤー
メキシカ
カール大帝
ルナ

と、半分フェルド祭りでした。

自宅8.27


・ストラスブール(5人)
ストラスブール

フランスの都市、ストラスブールで様々なギルドに影響力を与えて町を支配するゲームだったような…。
昨年のドイツエキスパートゲーム大賞ノミネート作品ですね。
5ラウンドで、競りによって都市に自分の駒を配置していく陣取りです。
競りにつかう影響力カードを各自24枚1山で持っているのですが、各ラウンドで使用できる枚数が任意となっていて、ラウンド毎の配分が悩ましい。
ゲーム開始時に目的カードを5枚もらい中から好きな枚数選んで使用します。ゲーム終了時カードに書かれている条件を達成できていたら得点を獲得できるのですが、できなかった場合失点となるので可能かどうかの見極めが重要です。

今回は初回だったこともあり目的カードの達成率が低く全体的にマイナス点が多かったようでした。
駒の配置は自分だけが得するような配置は中々難しく、他プレイヤーとの絡みや妨害が頻発する為、勝負所の見極めが重要ですね。



・レジスタンス(5人)×2
最近の一押し。何人でやっても面白い。どちらもレジスタンスの勝利だったような。
しかし戦略的にはそろそろ一歩先に行く頃なのかも。難しい。



・考古学カードゲーム(3人)
毎ターンカードを1枚引き、各財宝の規定の枚数がそろったら得点に。
手札が多いと厳しい砂嵐と、少ないと厳しい盗賊のバランスがジレンマ。
非常にシンプルでつなぎにやる分にはいいかもしれません。



・ドラゴンイヤー(4人)
ゲーム開始時に今後の予定が確定しているのである程度計画立てて動く必要がありますね。
きっちりしたゲームだけになるほどな、という感じで進んで行きます。ただその分少し地味かなと。
はむはこのゲーム大好きみたいですね。



・メキシカ
メキシカ1

島に運河を引いて都市を作っていくゲームです。
時間は2時間半ほどと結構かかったのですが全くダレずに終わった感じでした。
島を運河を使って規定のマス数に切り取って都市認定することにより、得点を獲得します。
また前半と後半一回ずつ決算があるのですが、都市ごとに建っている建物の数(と階層)が多いプレイヤーから順に高得点を獲得します。
途中移動方法の評価が変わり過ぎだったのが笑えました。
島広すぎwワープ最強→スタート地点近くで問題ない、徒歩最強。→各地運河繋がってきた、運河最強→運河邪魔されすぎwワープ最強。

メキシカ2

最終盤麺。中央には不可侵の土地がある為、自然と大きな都市となり激しい争いが起きて激熱い。







・カール大帝(4人)
カール大帝1

15の地方に分かれた土地を支配し権力闘争するゲームです。
今回は4人だったので2対2の協力戦。
各地方には部族がそれぞれ住んでおりそれらの部族の支持を受けることによりその土地を支配することができます。
部族の支持が移ったり、自分を支持している部族の駒をその地方に送り込むことによりその土地の支配権を奪うことができます。ただし支配権が変わる為には各地方の巡回して回っているカール大帝に認めてもらわないといけないのでタイミングも重要です。
隣り合う地方の支配者が同じの場合統合されて1つの多きな地域となります。このビジュアルが気に入って購入しました。

カール大帝2

終了時の様子。
今回は2対2の協力戦でしたが3人でバラバラの争いになると、またゲーム感が変わりそうなので近いうちにまたやりたいです。






・ルナ
ルナ
すいませんこのゲーム全然わかりませんでした。
2時間超かかりましたが終始何をどうしたらいいのかわからぬまま終了。




久しぶりに最初から最後までゲームをやりきりました。普段のダラダラやってる感もいいですが、偶にはガッツリいいうのもいいですね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はむ、STB  

Author:はむ、STB  
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。