スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回県央ボードゲーム会@STB

去る7/10、第6回県央ボードゲーム会参加頂きありがとうございました。

今回の参加者は11人と盛況でした。毎回参加頂く方もご新規の方もいらっしゃって少しずつ増えていてありがたいことだと思います。
会場は冷房が効いていましたがそれでも参加された皆さんの熱気で部屋の方がかなり暑くなっていたようでした。


DSCF2719.jpg






プレイしたゲーム(プレイ人数)

ルンガルノ(3)
ディクシット(6)
レジスタンス(6)
アセンション(2)
コロレット(5)
ドメモ(3)
ミレグラツィエ(4)
ノートルダム(4)
ビブリオス(4)
ハチエンダ(4)
ビール侯爵(4)
レジスタンス(10)
王と枢機卿(3)
タルバ(3)
ヴァイキング(4)
魔法にかかったみたい(6)

詳細は↓から
・ルンガルノ
DSCF2721.jpg
川と道沿いに館を立てていき、区画が完成したとき自分のコマが配置してある紋章の数だけお金を獲得していくゲーム。カルカソンヌに似た感じのタイル配置と得点計算でした。
手番のアクションはタイルを引くかタイルを配置するかで、基本一手番1アクションですが1円でもう1アクションを行うことができます。お金が勝利点なので、どこまで金を使って金を稼ぎにいくかが考えどころでしょう。

ゲーム終了時まで得点にならないタイルをうまく使うのがカギっぽいですね。配置できるコマが意外と無くならなかったのでもう少し積極的に置いていっても良かったのかなと思いました。





・ディクシット
DSCF2722.jpg
久しぶりのディクシット。2回ほどやってあんまりあわないなーと思ってましたが、やっぱりよくわかりませんでした。
ちょっと使い方がわからん、という感じのイラストが溜まってきた時にしょうがなくお題と関係ないのを出すのがどうも苦手です。
あと厨二力、厨二力叫んでたけど全然発揮されていなかったのでもうダメ。
プレイヤーの力量が試されるゲームですね。




・レジスタンス
DSCF2725.jpg
今回期待の新作。レジスタンス組織に混ざったスパイを探し当て無事にミッションを成功させるいわゆる人狼系のゲーム。
県央ボードゲーム会ではけもぱにが何度か遊ばれていましたが、個人的にはこっちの方が断然良かったですね。
6人で3回ほど連続してやったのですが、毎回熱いゲームになりました。l
レジスタンス側は得られた情報から少しずつスパイを絞り込んでいくので、情報の選択が大切。
逆にスパイ側だと誰がスパイかわかった状態でやっているので未確定な情報をうっかり口を滑らせてしま無いように気をつけないとですね。直接的な情報で無くても相手側に有利になってしまう可能性があります。
一度疑われてしまうと中々疑惑を晴らすのが難しいのでレジスタンス側なのにスパイだと疑われたら全力で釈明をしないとかなり不利になります。スパイ側はすべてをわかった上で必死の釈明をニヤニヤ見るのも醍醐味ですね。
5~10と人数がそれなりに必要で中々やれる機会が少なそうなので、やれる機会があったら積極的にやりたいゲームですね。



・アセンション
各自昼食に一時散開したので時間調整に二人で。
準備が楽でサクっとできるのがいいですね。
もう少し各人のデッキの方向性が多様化できたら、と思ったりしますがシステム的に難しそうか。
圧縮系のカードを獲得できないとちょっと辛い。


・コロレット、ドメモ
これも時間調整。コロレットは何気に初めて。所有ゲームに書いてあるのに、と突っ込まれてしまいました。
ドメモは久しぶり。ブラフがうまく嵌ったときは最高ですね。


・ノートルダム
最近稼働率の高いゲームですね。
見てなかったので詳細不明。


・ビブリオス
5、5、4、0の接戦。最終的に所持金の差で二位に。最後の最後で思惑がひっくり返る良いゲームでした。





・ミレグラツィエ
DSCF2728.jpg
ターンプレイヤーが貴族として目的地まで旅をし、その他のプレイヤーは盗賊となり貴族を襲うゲームです。
目的地は周辺の町でタイルを拾って獲得できるのですが、盗賊に襲われると失ってしまいます。盗賊は街道で待ち伏せをしているのでどの道を通るかの読みあいになります。

ルールをしっかり読み込んできていなかったので説明がグダグダですみませんでした。

ゲームの肝は貴族がどこを通るかの読みあいになるのでしょうが、なんとなくでやってしまった所が多く最終的にもやっとした感じで終わってしまいました。
もう少し盗賊間であーだこうだ相談したりした方が良かったのかな、と反省。




・ハチエンダ
DSCF2734.jpg
農場陣取りゲー。タイルの配置が土地と動物の二種類あって面白い。
うまい具合に中央を制圧した黒の勝ち。
私はあっちこっちに手を出しすぎて結果点数が伸び悩んで最下位でした。
つい人の邪魔ばかりしてしまいますが自分のことをしっかりやらないとダメですね。



・ビール侯爵
DSCF2729.jpg
見てなかったので詳細不明です。





・レジスタンス
ここで十人だったので再びレジスタンス。拡張なしとありで一回ずつ。
一回目は4人のスパイのうち3人はほぼ割れていましたが、最後の一人の完璧なステルスっぷりでスパイ側の勝利。
二回目は拡張を使用してのゲームでしたが、個人的には拡張は不要かなと。ゲームが大味になったような感じがしたのと若干テンポが悪くなったので。
最後ほぼレジスタンス側の勝ちだった場をなんとかゴリ押してスパイ側の勝利。最後のリーダーは中々辛いものがありますね。

二回目のゲーム、ちょっと態度悪かったところがあったので気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした。






・王と枢機卿
これも見てなかったので詳細不明です。




・タルバ
DSCF2736.jpg
結構持ってくる率が高いものの中々やれなかったゲーム。
そんなに時間もかからないしコマの配置がちょっとわかりづらいので、一回目をチュートリアルのつもりでやって二回目本番というつもりでいたら隣が終わったので1卓になって6人ゲーを。
なんか経験者がボコったみたいな形で終わってしまって反省。




・ヴァイキング
DSCF2737.jpg
クルクル回るボードが素晴らしいゲーム。これも結構な稼働率ですね。
今回は漁師が活躍したとか。




・魔法にかかったみたい
拡張を入れての6人プレイ。材料を集めて魔法の薬を作っていくゲームです。
12枚あるカードの中からこのラウンド使うカードを5枚選んで使います。
ターンプレイヤーが1枚カードを出し、そのカードが無ければパス、持っていれば出します。出した場合はそのカードの効果を使うことができるのですが、効果は2種類あって強い代わりに後の手番のプレイヤーが同じカードを出したら効果がなくなるものと、弱いが即座に効果の使えるものがあります。
ハイリスクハイリターンを狙うか確実性を求めるか、周りとの心理戦ですね。

カードがアイコンだけでわかり易くなっているのが素晴らしい。
ただ、薬の作る窯の判別がしにくく、何度か間違ってしまったのが無念でした。













DSCF2740.jpg
祭りの後はいつも空しい。



今回も多数の方から参加して頂きありがとうございました。
第7回はお盆があるので普段と少し時期がずれて8/21(日)の開催で会場、時間等に変更はありません。
詳細は近くになったら告知だします。



次回もまた多数の方の参加をお待ちしてます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はむ、STB  

Author:はむ、STB  
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。