スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンデバー/Endeavor

76429_201007202059226122_2.jpg

76429_201007202059226122_3.jpg

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:1時間



 プレイヤーは地中海沿岸に植民地を持つヨーロッパの帝国の代表となり、帝国の栄光と、産業、文化、財力、政治の価値を増やすために世界を航海します。以下略。
 説明書が無いので用語が適当ですが気にしないように。

 プレイボードでっか!机ではとてもとても出来ませんでした。
 建物を建てつつ、支配したり航海したりドローしたりします。取れる建物は自分の建物レベルによって制限されており、当然高いほど優秀な建物が建てられます。支配できる都市?や航海マスの上には資源コマが乗っており、自分のコマを置くとゲット出来ます。それによって対応する資源を増加させます。都市と都市は線で繋がっており、挟むように支配すると間のポイントと資源もゲットできます。

 さっそく支配したい、航海したいとなるのですが人間が足りないので、人間を集めるとこから入ったらいいのだろうか?俺とか何も考えずに船ゲットしてたけどw
 平和主義者の俺は1回も戦闘を仕掛けることなく終わったのですが、次回やる時には戦闘民族になってみたいところもありますな。しかし戦闘って人間が死んだり襲い掛かった都市は資源が無かったりと、そんするイメージが強いです。
 あと何かやたら踏み台になるなという印象でした。というのは「あの資源いらないけど航海せざるを得ない→次のプレイヤーが良い資源をゲット」とか「カードをドロー→次のプレイヤーがもっと良いカードをドロー」みたいな。そのおかげで長官を大量に拾ったわけですが、ここんところを読みきったプレイングをする必要があるんですよね、多分。あいつは船があるから次ターンに持ち越すぜ!みたいな。
 ルールには運要素がほとんど無いのに、運に左右されるプレイ感でした。これも取る建物によってプレイの方向性が大きく変わるので、次回やっていない戦略を試してみたいゲームですね。(はむ)




プレイ人数は3人からとなっていますが、多分3人だとボードがスカスカで戦争が起きにくかったり他の人との絡みが薄くなりそうです。4人でやった時はボードが結構ギリギリで戦争やむなしといった感じでした。
このゲームの本領発揮は5人でやった時でしょう。

このゲームは全体ボードの他に個別のボードがあって自分のステータスを伸ばしていきつつ効率よく未開の地を開拓占領していくことを目指します。私はよく個別ボードがある系のゲームは得点を獲得するのをそっちのけでステータス上げに走ってしまうのですが(ハンザテウトニカとか)、このゲームはステータスを上げていけば得点も獲得していけるので自然にゲームが進んでいきますね。
ゲームの終了も7ラウンドと決まっていて、少しずつ上げてきたステータスが最後に爆発する感じでラストターンが一番派手になり終わり方が素晴らしいと思います。
個人的に似たような印象のゲームにハンザテウトニカがありますが、あちらが終わり方がプレイヤー依存な点と比較して、この辺りがエンデバーの方が好みですね。
当然、ハンザテウトニカも好きですが。(STB)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:はむ、STB  
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。