スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルバ/Taluva

2010112319530000.jpg

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:45分

プレイヤーは火山の島で自分の集落を広げることを目的とし、最終的に3種類ある建物のうち2種類を全て建て切ったプレイヤーが勝者です。


手番は6角形が3つくっ付いたY形の火山タイルを裏向きの山札から引いて配置。その後自分の建物をタイル上の配置可能な位置に配置します。
火山タイルは既に置かれているタイルに隣接するように置くか、描かれている火山が重なるようにもとのタイルの上に重ねて配置することができます。これによってタイル上にあった他人の建物をマグマの藻屑にすることも可能です。
建物は、高さが1のタイルの上であればどこにでも建てられる小屋、3つ以上のマスで隣接して配置してある建物のグループ(集落)の隣にしか配置できない神殿、高さ3以上で建物の配置してあるマスの隣にしか配置できない塔とそれぞれ配置にルールがあります。また小屋は既に置いてある集落の周りにまとめて配置することができたりもします。
これらの配置しやすさに反比例して駒の数が違っています。


基本的には小屋をバラ撒いて後の布石を作っていくのが定石かと思いますが、もし手番に建物を建てられなかった場合はその場で即脱落となります。これが勝利条件の建物を建て切るということとジレンマになっていて悩ましい。
誰かが勝ちそうって状態になったら中々止めるのが難しいので、目立ってしまうと叩かれやすいかなと。自分のことだけやっていても、邪魔ばかりしていてもダメ。
全員がそれぞれに相手を牽制しながらジリジリとやっていくことが重要かもしれませんね。

最初はどのようにゲームを進めていくかわかりずらいところがあるかもしれませんが、運の要素が少なく奥深いゲームだと思います。
また、ゲームの面白さもありますが、視覚的に火山島ができて集落が発展していくのを見ているのも心が躍ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はむ、STB  

Author:はむ、STB  
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。